痛くない見えない矯正歯科

マウスピース矯正は矯正歯科で行える最新の痛くない矯正方法といわれていて、透明で薄い器具を使用するため目立たないのが特徴です。歯並びに関する様々な情報があふれていますが、費用や種類など様々な方法があるのは事実です。その情報の中でもマウスピース矯正は最先端の歯列矯正として、人気が出てきています。矯正歯科で行う方法で誰でも知っているのはワイヤーを使用したものですが、食事や歯磨きの時などに抵抗を感じる人が多いです。それに対してマウスピースは患者自身で取り外すことができるため、虫歯になりにくく常に清潔な状態のものを口の中に入れることができます。ペットボトルと同じ素材を使用しているため金属アレルギーの患者にも使え、クリアプラスチックアプライアンスシステムと呼ばれています。矯正歯科で行うにはまず最先端のコンピューター情報で、歯の移動をシミュレーションすることからはじめます。そのあと型を取ってマウスピースを完成させ、少しずつ歯を移動させていきます。少しずつ動かすことで痛みを感じさせない矯正が可能となっていて、歯並びが気になっている大人に人気があります。目立たないため日常生活に支障が出にくく、扱いやすいのが理由です。

↑PAGE TOP

Menu