• トップ /
  • マウスピースを使った矯正歯科

矯正歯科での治療

マウスピースを使った矯正歯科

新しい矯正歯科の治療

矯正歯科は、ワイヤーの装置を歯に付けるというイメージが強くあります。この方法は長年の実績がありますが、見た目がよくなく、粘膜が引っかかってしまうなどの問題もありました。そこで、マウスピースを使った新しい矯正歯科が評判になっています。このマウスピースは、歯型通りではなく、歯並びを変えるために、歯を動かすように作られています。装着した段階では、少し窮屈に感じるかもしれませんが、次第になれていきます。矯正歯科では、マウスピースを定期的に作り替えていくことで、少しずつ歯を移動させていきます。2週間ほどで新しいものにしていくので、衛生的です。また、マウスピースは透明なので、装着していても目立たず、気付かれずに矯正治療ができると評判です。ワイヤー装置は自分では取り外しができませんが、マウスピースは自分で取り外しができます。1日のうち指定された時間は装着しなければいけませんが、食事や歯磨きの際には外していつも通りの生活を送ることができます。違和感が少なく、効果のある矯正歯科治療として実際に治療を受けた患者さんからの評判も高く、治療を希望する人も増えています。まだメジャーな方法ではありませんが、これから普及していくでしょう。

↑PAGE TOP

Menu